Generation of App knock-in mice reveals deletion mutations protective against Alzheimer’s disease-like pathology. Nature Communications 9, 1800 (2018) 永田健一研究員(当時:理化学研究所・西道研究室)による次世代医療を見据えた研究成果。ゲノム編集技術を利用し、App遺伝子の3’-UTRに発現制御領域があることを同定しました。斉藤が手がけたApp knockinマウス開発時のネガティブデータの山の中からこの研究の発端が見つかっただけに、あの時の苦労は無駄ではなかったのだと思えました。

2018/12/09

教室見学・研究室のお問い合わせについて
メンバー随時募集!

本サイトや齊藤教授の講義や講演を聞いて
研究内容や疾患研究、
基礎研究に興味を持った
学生・大学院生、ポスドクの皆さんは是非ご連絡ください。
随時、見学対応を行っております。