A secreted type of β1,6N-acetylglucosaminyltransferase-V (GnT-V) induces tumor angiogenesis without mediation of glycosylation. Journal of Biological Chemistry 277, 17002-17008 (2002)  齊藤が大阪大学での博士課程の時に手掛けた研究です。糖転移酵素GnT-Vの糖転移酵素としての機能以外にGnT-V蛋白質が有する塩基性ドメインがヘパリン硫酸に保持されているFGF1を遊離させることで血管新生を誘導することを明らかにしました。

2002/04/23

教室見学・研究室のお問い合わせについて
メンバー随時募集!

本サイトや齊藤教授の講義や講演を聞いて
研究内容や疾患研究、
基礎研究に興味を持った
学生・大学院生、ポスドクの皆さんは是非ご連絡ください。
随時、見学対応を行っております。